コラム

ダンスに関係する5種類の仕事に就くためのそれぞれの方法を紹介

ダンスのインストラクター

ダンスに関係する5種類の仕事に就くためのそれぞれの方法を紹介

ダンスに関係する仕事と聞くと、ステージで活躍するダンサーの印象が強いです。

しかしアーティストの演出をサポートするバックダンサー、テーマパークでショーに出演するテーマパークダンサー、ダンスを教えるダンスインストラクター、振り付けを行うコレオグラファー、舞台の演出を担う舞台演出家など、ダンスに関係する職業はたくさんあります。

ダンスに関係する職業の特徴と、それぞれの職業に就くにはどのような方法があるのかを事前に調べておきましょう。

バックダンサーはプロダクション所属かフリーランス

アーティストのバックでメインを盛り上げるために踊るバックダンサーへの道は、主に二通りの方法があります。

ひとつはダンサー専門、または芸能活動のプロダクションに所属する方法。所属しているとオーディションを紹介してもらったり、プロダクション経由で仕事をもらえます。

人気のバックダンサーになるとフリーランスで活動する人もいますが、才能やダンスのスキルだけでなく人脈や経営能力なども必要になります。

テーマパークダンサーはオーディションに応募する

テーマパークのショーで活躍するテーマパークダンサーはショーには欠かせない存在です。

テーマパークダンサーになるには、テーマパークが開催するオーディションに応募する必要があります。このオーディションは不定期に行われており、毎年同じ時期に開催されるわけではありません。

非公開で開催しているオーディションもあるため、情報を入手するにはプロダクションや専門学校に所属していなければならないこともあります。

ダンスインストラクターはフリーランスが多い

ダンスインストラクター

ダンスインストラクターはフリーランスが多い

ダンスを教えるダンスインストラクターは、ダンスに関する基礎的な知識だけでなく体、怪我について、また得意とするダンス以外の種類のダンスの種類など、豊富に知識を蓄えておく必要があります。

ダンスインストラクターになるにはまずは自身のダンスのスキルを磨かなければなりません。

ダンスインストラクターの多くはフリーランスで活動していますが、コンテストの入賞歴などがなければ信用してもらえず、受講者を増やせません。

コレオグラファーはダンサーとしての経験が必要

コレオグラファーとは振付師のことです。

コレオグラファーになるにはダンスの基礎から応用までをしっかりと身に付け、体の動かし方、美しい見せ方などを体に染み付かせていく必要があります。

その後、自身で振りつけた作品をコンテストで披露したり、賞を受賞することでコレオグラファーとしての道が開けます。

フリーランスで活動する人が多いですが、中には有名コレオグラファーに弟子入りする人もいます。

舞台演出家は劇団に所属するケースが多い

舞台の構成、照明、人員の配置、さらに振り付け、音楽などを構成する舞台演出家になることは、ダンスの経験がなくても可能です。

しかし、ダンスの経験を活かして、より美しいダンスの見せ方ができる照明やセット、人員の配置などを指示できるのは、ダンサー特有の強みです。

舞台演出家になるには、劇団、バレエ団などの採用試験を受ける必要があります。その後、座付きの舞台演出家として活躍し、フリーランスになるというケースが多いです。

ダンス関係の仕事に就くならダンススクールへの入学がおすすめ

ダンス関係の仕事に就くには、ダンススクールで基礎から学ぶ必要があります。ダンスの知識がなければダンスに関係する仕事に就くことはできませんし、いくら独学でダンスをしていても採用試験の際に経験が書かれていないと信用してもらえません。

ダンススクールではバックダンサー、テーマパークダンサーなど、それぞれに適したダンスを教えてもらえます。プロダクションへの斡旋やオーディションの紹介もダンススクールなら受けやすく、より憧れの職業への道が開けます。

スクール単位でコンテストに参加したり、コレオグラファーや舞台演出家の話を聞ける機会も多く、将来の役に立つ機会もたくさんあります。