コラム

流行のダンスを学ぶ

「いち早く流行りのダンスを習得して周りのダンサーと差をつけたい!」そんな方にはTOKYO STEPS ARTSへの進学がおすすめです。ダンスを仕事にするためのスキルを学べるだけでなく、最新の情報にいち早く触れられるため、ダンスのトレンドにも敏感になれます。

流行のダンスを学ぶ

流行のダンスを学ぶ

流行のダンスを学び、ダンサーとしての人気を集めるために役立てましょう!

 

2018年に流行ったのは「シュートダンス」

2018年は「シュートダンス」が大流行した年と言っても過言ではないでしょう。シュートダンスは、ピョンピョンと軽快に跳び跳ねながら、サッカーでシュートをするようなイメージで足を蹴り出す動きを繰り返します。

シュートダンスは、2017年に公開されたBlocBoy JBの楽曲「Shoot」のMVから誕生しました。シュートダンスという名称もこの楽曲から名付けられています。MVを見たアメリカの若者を中心に注目が集まり、世界に広まったようです。

日本でこのダンスが流行したきっかけは、”ださカッコいい”と注目を浴びたDA PUMPの楽曲「U.S.A」でした。彼らをきっかけに多くの日本のアーティストがMVにシュートダンスを取り入れています。さらに、ネット上ではシュートダンスにチャレンジした動画を一般人がアップロードするブームにもなっています。

TOKYO STEPS ARTSで流行のダンスを学ぼう

流行のダンスをいち早く取り入れたいなら、流行を察知するセンスや情報網が必要です。ダンスの応用から最新の流行まで幅広く学びたいなら、ハイレベルなダンサー志望者が集うTOKYO STEPS ARTSの「ダンスコース」への進学をおすすめします。

TOKYO STEPS ARTSの「ダンスコース」は7つのコースに分かれており、各コースではダンスを仕事にするための必要な専門知識が学べます。音楽やダンスの歴史はもちろん、現在流行しているダンスに着目した実践レベルの授業も受けられるため、誰よりも早く流行を取り入れたいダンサーにもおすすめです。

ダンスの流行りは繰り返される!

2018年は「シュートダンス」の他にもバブル時代を彷彿とさせる「バブリーダンス」が流行りました。ダンスの流行は繰り返され、昔流行したものが再熱するだけではなく、世代を超えてさらに進化しています。専門学校での本格的な学びの中で、ダンスの流行をいち早くキャッチしましょう。

ただ単に流行しているから踊るのではなく、どのような時代背景で今そのダンスが再熱しているのか、といった事例を学ぶとさらに楽しくなるはずです。流行を取り入れて周りに差をつけるプロのダンサーを目指すなら、ぜひTOKYO STEPS ARTSへの進学をご検討ください!

***

2018年に流行った「シュートダンス」。ダンスの流行は何度も繰り返され、そして進化します。

TOKYO STEPS ARTSで学べばいち早く流行をキャッチして自分のダンスに取り入れていくことが可能です。将来プロのダンサーを目指している方は、まず本校のスペシャル体験レッスンをご利用ください。