バックダンサー養成クラス

バックダンサー養成クラス

有名アーティストのコンサートやPV、TVにバックダンサーとして出演する。

今やコンサートやPVで欠かせない存在であるバックダンサーの仕事には、常に新しいムーブメントが求められます。本クラスではJAZZやHIPHOPの基礎から応用までを幅広く学び、ジャンルを問わず様々なダンスを習得し、マルチに活躍できるダンサーを目指します。実際にアーティストの振付をしている一流講師のレッスンで、流行のダンスを学びながら現在のダンスシーンを体で感じ、スキル、感性共に磨いていけます。仕事柄、短時間で振りを覚える能力も必要となるため、様々なタイプの講師から数多くの振付を学んでいくことも大切です。TOKYO STEPS ARTSの多彩なカリキュラムの中から自分に合った講師のレッスンを学び、在学中から即戦力としてメジャーで活躍できるダンサーを目指します。

目標とする職業

  • バックダンサー
  • ユニットダンサー
  • 振付師
  • インストラクター

カリキュラムCurriculumn

基礎課程科目Subject of Basic Course

1.ダンスの基礎を学ぶ

1.ダンスの基礎を学ぶ

バレエのバー・フロアの基礎練習を通して、センターを立てること、基本的なコンビネーションを学んでいきます。また、ダンス史や専門用語を覚えます。

2.身体の構造を知る

2.身体の構造を知る

自分の身体を理解し、身体のゆがみの修整からケガや故障の予防までを学びます。

3.ストリートダンスの基礎を学ぶ

3.ストリートダンスの基礎を学ぶ

ソウルダンスやHIPHOPなどの基本ステップ、リズム取り、アイソレーションの重要性を理解し、基礎訓練を積み重ねます。また、ダンス史や専門用語を覚えます。

  • バレエBeginner
  • バレエBasic
  • JAZZ Beginner
  • JAZZ Basic
  • ソウル
  • HIPHOP Basic
  • JAZZ HIPHOP Beginner
  • JAZZ HIPHOP Basic
  • モダンコンテンポラリー
  • ボディコンディショニング
  • ピラティス
  • ダンスワーク
  • 舞踊身体論

応用課程科目Subject of Advance Course

4.JAZZダンスのバリエーションを知る

4.JAZZダンスのバリエーションを知る

現代のエンターテインメントシーンの基礎となっているJAZZダンスのさまざまなバリエーションを練習していきます。

5.体の使い方をマスターする

5.体の使い方をマスターする

様々なジャンルに対応できるように、バレエを基礎とした多くのジャンルから体の軸、使い方を習得していきます。

6.パフォーマンスする力を養う

6.パフォーマンスする力を養う

踊る側・見せる側だけでなく見る側も楽しませるパフォーマンスができるように、演出・構成・振付のことから観客を集めることまで、将来を考えて総合的に実践していきます。

  • バレエ Intermediate
  • JAZZ Intermediate
  • JAZZ HIPHOP Intermediate
  • R&B HIPHOP
  • HIPHOP Intermediate
  • LOCKIN’
  • POPPIN’
  • BREAKIN’
  • HOUSE
  • TAP
  • コンテンポラリー
  • 演技
  • メイクアップ

PICK UP!

  • ダンスの歴史や身体の基本的な構造などを学ぶ講義のほか、授業の約9割は実技です。まさにダンス漬けの2年間です。初心者の方でも心配ありません。基礎からみっちりダンスを学んで積み上げていけます。
  • 近年流行のPV系(JAZZ HIPHOP)のダンサーを目指すには、基礎となるバレエやJAZZは必須です。また、バックダンサーの現場では様々なステップが求められるので多岐にわたるジャンルの習得が必要になります。
  • 様々なオーディション情報があるので、在学中からバックダンサーとして活躍するチャンスがあります。実力次第では有名アーティストのバックダンサーや振付師を兼任している本校講師からのバックアップ体制も有ります。