コラム

演技が上手くなる方法

演技が上手くなる方法

演技が上手くなる方法

 

俳優や女優になるために非常に重要なのが演技力です。演技力はどうやって上げれば良いのでしょうか? こちらでは、演技が上手くなる方法をご紹介します。

演技を上達させる方法

演技力を上げるためには、次のようなトレーニングが効果的です。

  • 発声

観客席までよく声が通るように発声練習をしましょう。有効なのは腹式呼吸です。腹式呼吸をする際は、まず寝転がってお腹の動きを意識して呼吸します。息を吸ったときにお腹を膨らませ、吐いたときにお腹をへこませるようにしてください。寝転がってできるようになったら、立って同じように呼吸します。そのまま「あー」と声を出してみましょう。クリアーな声が出たら、腹式呼吸ができている証拠です。

  • 表情

鏡を見ながら表情を作る練習をするのも効果的です。自分の表情をじっくり見る機会は少ないかもしれませんが、定期的に鏡でどんな表情をしているのかチェックしておくと、思い通りの表情を出せるようになります。表情の練習をする際は、顔のパーツを思い切り動かして行いましょう。

  • 演技

演技をする際は、実際より大きく表現します。声や表情、動きは普段の3倍程度出すつもりで行うと良いでしょう。また、舞台では、真横を向いてしまうと観客にキャストの顔がよく見えません。観客に見えやすいように、ほかの役者と向かい合って話す場面でも体を斜めに構えておく必要があります。これらの点を意識して練習してみましょう。

演技の練習は人に見てもらおう

発声や表情は、独学だとなかなかうまくできているのか分かりません。独りよがりの演技になるのを避けるためにも、友達や家族に見てもらい、どのように見えているのか教えてもらいましょう。

可能であれば、プロの講師に見てもらうと、自分の個性や弱点を把握しやすくなります。真剣に俳優を目指す方は、ぜひ専門学校やスクールで指導してもらってください。

演技を学びたい方はTOKYO STEPS ARTSの俳優養成クラスへ!

TOKYO STEPS ARTSの俳優養成クラスでは、俳優の基本となる呼吸や発声の基礎訓練から、実習までを繰り返し行います。自然な演技を身につけられるクラスです。こちらのクラスでレッスンを受けることにより、オーディションの際にも十分に自分の能力を発揮できるようになります。

また、有望な人材は、学内オーディションのほかにもプロダクションや劇団へ直接紹介されるケースがあります。俳優になるためのチャンスを掴みやすい環境です。

***

演技を上達させるためには、発声練習をしたり、表情や表現の方法を磨いたりといった練習が効果的です。しかし、これらを独学で行うのは難しい点が多いでしょう。本格的に演技を学びたい方は、俳優養成クラスのあるTOKYO STEPS ARTSで学んでみませんか?