コラム

難しいミックスボイスを習得して歌唱力をアップさせるための5つのテクニック

ボイストレーニングする女性

難しいミックスボイスを習得して歌唱力をアップさせるための5つのテクニック

ミックスボイスは、地声と裏声の中間の音域をできるだけなくし、スムーズに地声と裏声を切り替える歌唱方法です。

この歌唱方法を習得すれば、裏声で声がかすれたりひっくり返ったり、また地声に戻るときに違和感を覚えたりすることなく、より上手に歌うことができます。

ただし、ミックスボイスの習得にはコツが必要です。ただやみくもに練習するのではなく、どのような点が重要なのか、何を考えながら練習をすればいいのかについて理解しながら練習しなければなりません。

ここでは、ミックスボイスの習得で押さえておくべき5つのコツをご紹介するので、より上手に歌えるようになりたいという方はぜひ参考にしてください。

1. ピアノなどを使って自分が裏声になる音域を知る

まずは自分が裏声になる音域を探し、その周辺を重点的に練習していきます。ピアノなどを使って発声練習を行い、一音ずつ音を上げていきましょう。

自分が裏声になる音域を把握することができれば、その前後の音域がミックスボイスを練習するポイントだということが理解できます。

2. 声を出すときの圧力を均一にする

裏声になると声が小さくなってしまう、かすれてしまうという方は多くいます。この地声と裏声の声の出し方に違いがあると、聞いていても歌っていても違和感が残り、不自然な印象になってしまいます。

これを解消するため、声を出すときに声帯にかける力を均一にする練習をしていきましょう。

地声で大きな圧力をかけている場合、いきなり裏声で同じように声を出すと喉を傷めてしまう可能性もあります。そのような場合には、地声にかける圧力を少し抑えて、裏声でいつもより大きめの圧力をかけるようにしてみましょう。

地声・裏声ともに無理のない力をかけられるようになれば、ミックスボイスも習得しやすくなります。

3. 裏声そのものを鍛えたりギリギリまで地声で歌う練習をしたりする

歌う男性

裏声そのものを鍛えたりギリギリまで地声で歌う練習をしたりする

ミックスボイスを習得するためには、切り替わる音域だけを練習するのではなく、裏声そのものをトレーニングする必要もあります。

裏声もしっかり綺麗に発声できるようになれば、地声と裏声の切り替わりの違和感をなくしていくことが可能です。

また、ギリギリまで地声で歌えるようにトレーニングをすることで、無理なく歌い続けられるようにもなります。

4. 発声練習やストレッチを行いリラックスして歌えるようにする

緊張すると喉の筋肉が締まり、上手に発声できなくなります。地声をしっかり発声し、裏声も綺麗に発声するためには、リラックスすることが大切です。

いきなり歌うのではなく、発声練習をしっかり行って喉の緊張を緩めるようにしましょう。

日頃から緊張させないような喉のトレーニングを自宅で行ったり、練習にストレッチを取り入れたりすることもおすすめです。喉だけでなく体全体をリラックスさせて、より声を出しやすい状態に体を整えていきましょう。

5. 声帯のトレーニングを強化する

声帯そのものをトレーニングすることで、よりミックスボイスを習得しやすくなります。反対に声帯をトレーニングしていないままミックスボイスの練習を続けていると、喉を傷めてしまいますので注意しましょう。

声の出し方を基本から見直し、裏声、地声ともにしっかり発声できるようにしていきます。腹式呼吸の練習をして声を出せるようにすれば、よりミックスボイスも練習しやすくなります。

ミックスボイスを習得して歌唱力を上げよう!

ミックスボイスを習得すると、より歌唱力に磨きをかけることができます。「どうしても歌えない歌がある」「よりスムーズに歌えるようにしたい」という方は、ミックスボイスを練習してみましょう。

ただし、ミックスボイスの習得は簡単にはいきませんから、今回ご紹介したポイントをおさえて、効果的な練習をしていきましょう。