コラム

振付師になるにはまずダンサーを目指す!ダンススクールに通うべき4つの理由

バレエダンサー

振付師になるにはまずダンサーを目指す!ダンススクールに通うべき4つの理由

振付師はダンスの振付を考えてダンサーや歌手に振付を指導する仕事で、映画やドラマなどのメディア、舞台、ショー、コンサートなどで活躍します。

近年はメディアに露出する振付師や、自分で振付からダンスまで行う振付師も注目を集めており、ダンスに関係する仕事の中でも華やかなイメージがあります。

ここでは、そんな振付師を目指すうえで必要なことや、振付師になるためダンススクールに通うことのメリットについてご紹介します。

振付師になるにはまずダンサーを目指す必要がある

振付師になるにはまずダンサーを目指す必要があります。振付師として活躍している人も、多くは現役のダンサーや引退したダンサーです。

振付師を目指すなら、ダンスの専門知識を豊富に蓄えておく必要があります。ダンスの振付の内容はさまざまで、ヒップホップ、ジャズ、バレエ、日本舞踊、フィギュアスケート、新体操など、専門の知識や技術が必要なジャンルもあります。

とくにコンテスト、コンクールの振付を行う場合は、自分が表現したいことだけではなく、高得点を狙えるような振付も取り入れる必要があり、計算する能力も必要です。

まずは自分の専門とするダンスの技術を磨きましょう。そして、いかに美しく見せられるか、どのように楽曲のイメージを表現してテーマに沿った振付をするのか、といったことを考えることで、振付師としての道が拓けていきます。

また、振付のコンテストに入賞したり、振付師をマネジメントするプロダクションに所属したりする必要もあるでしょう。

振付師の中にはフリーランスで活躍している人も多く、中には有名な振付師に弟子入りして振付の極意や仕事の取り方を学ぶ人もいます。

振付師になるためにダンススクールへ入学する4つのメリット

レッスンする人たち

振付師になるためにダンススクールへ入学する4つのメリット

振付師は簡単になれる職業ではなく、まずはダンサーを極めるというステップが必要です。

振付師になるための道筋としておすすめの方法のひとつに、ダンススクールに入学するという方法があります。ダンススクールに通うことでどのようなメリットが得られるのかをチェックしていきましょう。

1. ダンスの基礎知識を身に付けられる

ダンススクールでは、体の動かし方、表現の方法、ステップ、リズムの取り方など、ダンスの基礎から教えてもらえます。

振付を行う上で、ダンスの基礎を把握しておくことは非常に大切です。美しく計算された振付を行うためには、このようなダンスの基礎をしっかりおさえておかなければなりません。

2. 専門性の高いダンスの知識を身に付けることができる

ご存知のとおり、ダンスにはバレエ、ジャズ、ヒップホップ、日本舞踊などさまざまなジャンルがあります。振付師の多くは自分の専門とするジャンルの振付を行います。

ダンススクールで学び、1つ、または複数のジャンルに絞って専門性を高めていくことで、より振付を考えやすくなります。振付師を目指す人のためのカリキュラムが用意されているダンススクールもあります。

3. コンテストなどの情報を得やすい

独学でダンスを学ぶこともできますが、ダンサーとして活躍していくためにはコンテストの受賞歴なども大切です。

ダンスのコンテストや振付のコンテストは全国各地でたくさん行われていますが、そのすべての情報を一人で集めるのは大変なことでしょう。ですが、

ダンススクールなら、コースやレベルに沿ったダンス、振付のコンテストを紹介してもらうことが可能です。ダンススクールの団体で応募できるコンテストもあり、より選択肢が広がります。

4. 就職やオーディションの斡旋がある

ダンススクールではダンスだけでなく、就職先やオーディションのサポートもしてくれます。

プロダクションと提携を結んでいるダンススクールもあり、このようなダンススクールに入学することでより将来の道が広がります。

振付師を目指すにはまずはダンサーとしての実力、実績を身に付ける必要があるため、ダンサーとして仕事をもらえるようになることは大切です。

ダンススクールに入学して振付師を目指そう

今回は、振付師になるための方法や、ダンススクールに入学することのメリットについて紹介しました。振付師になるためには、まずはダンスの知識を身につけ、ダンサーとして活躍する必要があります。

ダンススクールなら、ダンサーとしてのスキルを向上させるのに役立つさまざまな技術や知識を学べますので、入学を検討してみましょう。

ダンススクールをお探しの方は、ぜひTOKYO STEPS ARTSのダンスコースについてもチェックしてみてください。