コラム

ダンスインストラクターになりたい

ダンスインストラクターになりたい

ダンスインストラクターになりたい

ダンスを人に伝えることで、ダンスを楽しむ人を育てることができる、インストラクターの仕事。ダンスが得意な方が目指す仕事のひとつですが、仕事にするにはどのようなスキルが必要となるのでしょうか? ここでは、ダンスインストラクターを目指すための基礎知識をご紹介します。

ダンスインストラクターとは

ダンスインストラクターとは、主にダンススクールなどで、生徒にダンスを教える職業のことです。教室にもよりますが、教えるダンスの種類はさまざま。バレエ・ジャズダンス・ヒップホップをはじめ、多彩なジャンルの指導を行います。

ダンスインストラクターの働き方には、自分でダンススクールを開業して働くケースや、既存のダンススクールで講師契約をして働くケースがあります。

開業する場合、レッスンを行う場所の確保や生徒の募集など、ダンスを教えること以外にも多くの仕事をこなさなければなりません。その一方で、働き方には自由度が高く、生徒数が増えればより多くの収入が期待できます。

ダンスインストラクターに必要なスキル

ダンスインストラクターとして働くためには、特に資格が必要ありません。ただし、資格が必要ないからこそ、これまでの経歴や実績があるダンサーほど、評価されやすい傾向にあるといえるでしょう。

たとえば、コンテストの受賞経験や、テレビ番組やミュージカルへの出演経験があったほうが、ダンサーとしての実力が見えやすくなります。将来的にダンスインストラクターを目指すなら、これらの実績を意識して活動を行うことが大切です。

また、初めは既存のダンススクールで働き、インストラクターとして生徒数を確保できるようになってから開業するという方法もあります。ダンスを教える技術ももちろん重要ですが、生徒を持つための準備も必要といえるでしょう。

TOKYO STEPS ARTSでスキルを磨こう!

ダンス専門学校の「TOKYO STEPS ARTS」には、ダンスインストラクター養成クラスがあります。ダンスインストラクターになるのが夢なら、専門学校でダンスを基礎から学び、必要なスキルを身に着けておきましょう。

ダンスインストラクターは、ダンサーとしてのスキルだけでなく、生徒が安全にダンスを楽しむための知識も必要です。本校にはスポーツクラブやダンススタジオとの提携があるため、成績優秀者には将来の活躍の場も用意されています。

***

ダンスインストラクターになるには、ダンサーとしてのダンススキルのほかに、教える技術や生徒を確保するための実績が必要です。ダンサーとして基礎を固め、経験を積みたい方は、ダンス専門学校「TOKYO STEPS ARTS」の体験レッスンにお越しください。